« 斜め掛けバッグ | トップページ | 嵐山へ »

桜吹雪の並木道

先週は息子の嘔吐下痢で、念願の花見も今年は無理かな?と、さみしく思っていたんですが、なんとか下痢の回数も少なくなり、桜の季節にお出かけすることができました。
しかも、見事な快晴で、うれしさも倍増です。

見事な桜並木cherryblossom

 やわた市の淀川河川公園背割堤地区の桜並木です。

Frame5539897

京都には、数々の桜の名所があり、どこに行こうかと悩みました。
去年は嵐山に行って、あまりの観光客にびっくりだったし、
哲学の道もいいなぁと思ったけど、駐車場がないのが難点だし。

ネット検索で、八幡市の淀川河川公園の桜並木を知りました。
うちからも車で1時間圏内だし、桜まつりも開催中だし、主人も仕事でよく通るところで詳しいということで、ここに決定sign03

大渋滞を予想していたんですが、意外に車はスムーズに進んで、45分くらいで到着しました。駐車場代は一日1000円です。
駐車場から桜並木まで結構歩かないといけなくて、今日みたいに暑い日は大変でした。
しかも息子は駐車場からぐずりだし、ベビーカーを忘れたことを悔やみました。
全然歩かなかった娘は、年長さんになると頑張って歩けるんだなぁと感心しました。

駐車場から向かう途中、淀川にかかった橋の上から桜並木が見え、わくわくしてきます。ぐずっていた息子も、大通りの車を見ると、喜んで走りだしました。

       0

1_2

息子の行きたい方向を何度も修正しながら、ようやく桜並木に到着~
ここまでたどり着くだけで、どっと疲れました。

  2_2

娘は桜の花びら拾いに夢中です。

2_1

満開の桜並木、風が吹くと桜が散って、花びらのシャワーを浴びてるみたい。

3_2

桜並木に入ると、お弁当を広げている人々がちらほら。
息子は桜よりも、よそ様のお弁当を見て、モノ欲しそうにぐずりだしたので、花見もそこそこに、さっそくお弁当にしました。

4

食べている間にも、桜吹雪が舞い降りてきます。

食べ終わると、子供らはどんどん奥へ進んで行きます。
戻ることを考えると、これ以上進みたくない親たち。

5

6

息子は戻るのが嫌みたいで、またぐずりだしました。

7

なんとか、抱っこで駐車場まで戻ってきましたけど、息子と暑さでくたくたになりました。

駐車場の脇には、菜の花がいっぱい。
桜に負けないくらいの美しさでした。

8_2

|

« 斜め掛けバッグ | トップページ | 嵐山へ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/151283/29093531

この記事へのトラックバック一覧です: 桜吹雪の並木道:

« 斜め掛けバッグ | トップページ | 嵐山へ »