« TEA MAT | トップページ | タックワンピース »

あじさい彩る三千院

久しぶりに、京都の名所をめぐりました。
梅雨時期に入ったら絶対行きたいと思っていた京都大原の三千院。
ちょうど雨上がりで、あじさいが美しく咲いていました。

Frame1008648

境内の紫陽花苑では、めずらしい「星あじさい」が見頃でしたshine

Frame2362305

   

大原に入ると、しば漬けの原料の赤しそ畑が至る所に・・・初めて見ました。
Img_1449

Img_1438_2 ドレッシング屋の「志野」さんのお店で赤チソジュースも飲んでみました。
ちょっと酸っぱいけど、おいしかったです。

Img_1439
Img_1442_2店内にはとれたての新鮮な野菜や、手作りのお総菜が並んでいました。もちろんドレッシングも購入。

三千院さんへ続く参道は、緑豊かで、道なりに小川が流れ、情緒ある出店が並んでいました。歩くだけで、マイナスイオンが降り注がれて、もうたまらなくいい気持ち・・・

と、言いたいところですが、13キロと15キロの子供二人を乗せたベビーカーを交替で押しながらのぼる坂道は、気持ちいいというよりも、しんどいという方が正しかったですcoldsweats02
雨上がりのくもり空で、気温も少し低めだったので、まだよかったです。

Img_1452_4Img_1454_2

ようやく三千院に着いて本殿に入ると、息子が、本殿の中に入りたくないとだだをこねまくりました。
毎回のことですが、静寂の中に、泣き叫ぶ声が響いて、響いて、、、焦って主人が抱きかかえて奥に進むと、広い庭園がでてきました。
庭園へ出ると、息子は喜び勇んで突き進みます。

Img_1465

泣き叫ばれるのも大変ですが、走り回られるのも追いかけるのに大変です。

庭園は、美しい苔や、新緑が、雨上がりでいっそう鮮やかに彩られていました。
美しい庭園を、ゆっくり優雅に眺めていたいのに、息子を追いかけるのに必死です。

Img_1468有清園にあるお地蔵様、息子にそっくりで、写真を撮っている観光客の方からも、「ここにもおんなじのがいるよ」などと声掛けられました。

Img_1470お目当ての紫陽花苑にやっと到着。息子がどんどん進むので、写真を撮るのもダッシュだし、あじさいをゆっくり眺める暇もありませんbearing
しかもカメラのバッテリーも切れちゃいました。

帰りの車では、主人も私もぐったり。あじさいを見に来たのか、息子を追い回しに来たのか、わからない一日でしたが、自然の美しさって本当にいいなぁと感じました。

「あじさい彩る三千院」改め、「息子を追い回す三千院」でした。

|

« TEA MAT | トップページ | タックワンピース »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/151283/21849857

この記事へのトラックバック一覧です: あじさい彩る三千院:

« TEA MAT | トップページ | タックワンピース »